香川大学ではLMS(Learning Management System)として、本学構成員(教職員および学生)は香川大学Moodleを利用できる。特に教員はコース作成と運用が可能な権限が付与されており、授業支援やe-Learningなどに香川大学Moodleを使用できる。しかしながら、香川大学Moodleのそのような利用の仕方は全ての教員が把握して利用できているわけではない。このため、本FDでは、香川大学Moodleについて、大学教育基盤センターICT教育部員であり、LMS(Moodle)の運用に実運用経験がある藤本憲市先生と後藤田中先生を講師に招き、香川大学Moodleにおけるコース運用について、実践も交え説明いただき、その後、全体討議により不明な点などの質疑応答を通じて、香川大学Moodleの使い方について理解を深める。

「情報セキュリティ自己判定」を受講後、「情報セキュリティ研修」を受講してください。

登録手順については、「香川大学新任教員研修プログラム」のホームページ内Q&Aにてご確認ください。